ルノアールがフランチャイズ

ルノアールがミヤマ珈琲を出店し、フランチャイズ展開を考えているということ。

そもそも、単純に珈琲を飲みたいだけでは、スターバックスやドトールに行けばよく、ルノアールに行くことはないだろう。

今の時代、マックで100円コーヒーが飲めるのに、600円以上を払うことはなかなか考えにくい。

その価値というのは、時間をつぶせるだとか、勉強することができるとか、仕事することができるなど、ゆったりとした時間の確保である。

とはいっても、他の店舗でもそれが出来ないことはない。ルノアールのくつろぎを求めなければ、学生のおしゃべりと、子供の泣き声に我慢できさえすれば、マックで仕事をすることだってできないことはないのだ。

ということは、やはり、ルノアールと言うのは明らかにターゲットが若干年齢層が高めになる。

そういった年齢層ではなく、ファミリー層にターゲットをおいたのがミヤマ珈琲ということになるのだろう。

成功するかどうか、入店したことが無いため、なんとも言えないが、ファミリー相手にする場合は、回転率と客単価をどのように維持向上できるかである。

なぜならば、子供連れの母親が集まるような店舗だと、おしゃべりに熱中するだけで、客単価は上がらず、客回転回数は下がる傾向にあるからだ。

今後は分からないが、恐らくファミレス化していくのではないだろうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク