アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター

新入社員採用時アセスメント・センターは採用試験として色々な組織で活用されている。

これらの組織の殆どは誰でも知っているような組織である。

しかし、初任給や将来の展望という点ではエリート組織のような驚くような要素はない。これらの組織は、地方銀行、公益施設、よりプレステージ性の低い政府機関として分類できる。

これらの沢山の組織はエリート組織のマーケティング・メッセージを真似する。

しかし、我々は一般常識や経験から、公共機関や保険会社が国際的な経営コンサルティング企業や投資銀行と同じような展望を提供できるとは思わないだろう。

競争はエリート組織と比べて恐るべきものではなく、学問的な業績という観点ではハードルは低く設定されている。こられの組織は、採用の網を広く設定して、多様性の問題をより深く考えている。

こういった傾向の実質的な影響は、エリート組織と比べてアセスメント・センターのプロセスはより客観的なものとなるということだ。

候補者は通常似たようなバックグラウンドを持っているが、”個人の業績”のレベルや彼らが表すことができるコンピテンシー能力にしばしば大きな違いがある。

アセスメント・センターの種類とは(5)へ続く

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク