アセスメント・センターの種類とは(3)

当たり前のことだが、求職者たちの競争はとても厳しいものとなる。

世界中の様々な地域から何十もの候補者が挑戦してくるのだ。

このような組織が最大限の採用活動を行うことは、世界経済が好景気の時であれば尚更のことである。

経済が不景気の時であれば、これらのエリート組織は採用活動を劇的に縮小させる。

何故ならばそれらの組織の殆どが投資、合併、買収を通じて経済的に成功している組織に依存しているからである。

エリート新入社員採用時アセスメント・センターを典型的なものとしている一つの事柄はこのプログラムを受けるにあたっては非常に似たような候補者が沢山いるということだ。

この特徴は繰り返しずっと続いており、他の3つのアセスメント・センターとの違いとなっている。

似たような候補者がCVsや面接から構成される最初の選抜試験を通過してアセスメント・センター候補者となった段階で、どこでも見つけることができるような、とても同質的なグループとなっている。

  • 彼らは21歳から25歳である(多くは21歳から22歳である)
  • 彼らは同じような学位や学問的な業績を持ってい
  • 彼らは一握りの大学を卒業している
  • 彼らは印象的な個人の業績のリストを持っている

アセスメント・センターの種類とは(4)へ続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする