アセスメント・センターの種類とは(1)

アセスメント・センターは新入社員採用時、管理職の選抜、従業員教育に活用される。

このような様々なケースにおいてもアセスメント・センターのプロセス自体はとても似ており、すべてのケースの候補者は多かれ少なかれ同じようなやり方で準備することが可能である。

そうはいっても、実際に4つのアセスメント・センターが存在しているのは事実だ。そして、それぞれが色々な性質を共有しているのにも関わらず、幾つかの明確な相違点もある。

アセスメント・センターは攻略する為には、これらについてより詳しく見ていった方が良いだろう。

色々なアセスメント・センター間の相違点について知ることによって、あなたが受講するであろうアセスメント・センターの種類に応じてあなたのマインドセットを調整することができるようになる。

アセスメント・センターの4つの種類は以下の通りだ。

  1. エリート新入社員採用時アセスメント・センター
  2. 新入社員採用時アセスメント・センター
  3. 中間管理職向けアセスメント・センター
  4. 能力開発型アセスメント・センター

それぞれ、入社時なのか、昇進の為のものなのか、時間軸が異なることによって、内容も異なってくる。

これらのアセスメント・センターの種類についてそれぞれ以下で詳しく見ていくことにする。

アセスメント・センターの種類とは(2)へ続く

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク