アセスメント・センターとは何か(3)

Dr. Simoneitの仕事は、アセスメントとして知られるようになる基礎をドイツ軍において構築することになった。
この評価システムの長所は英国政府によって認められた。そして、このテスト方法を使用して選抜アセスメント合宿がつくられた。

アメリカの知識層もこのような選抜方法の利点を認めて、更なる心理テストとより多くのエクササイズを彼らのアセスメントに加えた。

Dr. WJ Morganは彼の本の中で、以下を明らかに例示する。
それは、あなたが個人として、または、グループであるかどうかにかかわらず、どのように任務をこなしたかである。あなたがそのエクササイズをどれだけ早く終わらせたかどうかではない。

これは参加者の評価に反映された。 最高得点を得た人々は知的な役割に必要とされる質、能力、振る舞いを示した

これら初期アセスメントは軍事用として偏ったものであり、このエクササイズが商業機関または公的機関で使われることはないだろうが、それぞれのエクササイズは任務を実行する時のあなたの振る舞いを評価するために設計されているということに気付きを得るということは重要だろう。

どんなに初期のアセスメントが原始的であったり、取るに足らないものであっても、役割に必要とされる振る舞いをあなたがどれだけ見せることができたかを評価するために心理学者がアセスメントを設計したことを忘れてはならない。

アセスメント・センターとは何か(4)へ続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする