特注品から汎用品へ

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 ビジネス

BtoBでもBtoCでも、商品の一定の傾向として特注品から汎用品へのシフトがみられる。

身近で言えば、スーツだろう。

スーツは仕立屋で所謂テーラーメードすることが一般的だったが、今では吊るし売りが一般的だ。

テーラーメードから汎用品へのシフトにより、近所に仕立屋さんは殆ど見られなくなっている。

同じようなことが他の業界でもみられる。

例えば、情報システムは以前、その企業独自に作るものが殆どだったが、現在ではパッケージを少々修正することで対応することが多くなっている。

お陰で中小企業でもある程度の機能を持った情報システムが安価に導入できるようになったが、逆にオーダーメードを前提としてきたシステム開発企業としては、八百屋的性格が災いする。

パッケージを作ろうにもある業界に特化して業務プロセスの改善提案を行った経験がなければ、作れるものではない。ただ、ワーカーとしてプログラムを組んだ経験がある程度ではその業界に最適なパッケージなど作れるものではない。

ある程度売れるパッケージとは、ある業界の機能を網羅するものか、一部の機能を満たせるものだ。例えば、原価計算システムを入れようとしても、その企業のビジネスモデル自体が組み立てなのか、プロセス生産なのかで全く異なる。

 

関連記事

no image

ケンタッキーの唐揚げ店

ケンタッキーが唐揚げテイクアウト・イートインに対応した店舗を出店している。 成功の鍵は、他食品

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を示しているのかもしれない。

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント・センターの候補者は歳、学術的

記事を読む

no image

アセッサーとは?(2)

もしあなたがより上位の役割に配置される予定があるのであれば、幅広い観点で候補者を評価出来るであろうと

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(3)

Dr. Simoneitの仕事は、アセスメントとして知られるようになる基礎をドイツ軍において構築する

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(3)

当たり前のことだが、求職者たちの競争はとても厳しいものとなる。 世界中の様々な地域から何十もの

記事を読む

no image

効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に居る人であれば重々お分かりのこ

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(4)

アセスメント・センターメソッドは、その歴史の中で独自の用語を産み出し、定義付けてきた。 アセスメン

記事を読む

no image

インバスケットの実務との相関

インバスケットがいくら実際の管理職の仕事をシュミレーションするように作られていると言われているとは言

記事を読む

no image

人事アセスメント

人事アセスメントとは人事で活用される被評価者の能力を把握する手法の総称である。 ここら辺は、所

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みと

no image
選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を

no image
効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に

no image
アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント

no image
アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑