効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に居る人であれば重々お分かりのことだろうと思う。

特に営業をやっている方であれば、日常が説得の連続であるため、あまりにも当たり前となっている。

しかし、管理部、研究職やスペシャリスト的な人の場合、そういった経験を積む場面というのはかなり限られてくる。

場合によっては、営業的な仕事をやりたくがないために、そういった事務方に回る人もいるかもしれないが、どちらにせよ、人事アセスメントの場面になると説得の弱さということが露呈することがある。

それでは面接等のある意味説得が必要な場面ではどのようなものがあるだろうか。

一つには、アイコンタクトを取るということが挙げられる。目は口ほどに物を言うということだ。

視線を合わせることによって、

・視線を合わせることによって、こちらの気持ちを相手に伝えることができ、相手に興味を持たせることができる

・視線を合わせることによって、自身の相手に対する好意を相手に伝えることができる。

・視線を合わせることによって、相手の話に興味があることを伝えることができたり、相手へこちらの熱意を伝えることができる。

こういった効果があるため、アイコンタクトが重要視されるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする