効率的に説得するには

公開日: : 最終更新日:2014/01/06 ビジネス

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に居る人であれば重々お分かりのことだろうと思う。

特に営業をやっている方であれば、日常が説得の連続であるため、あまりにも当たり前となっている。

しかし、管理部、研究職やスペシャリスト的な人の場合、そういった経験を積む場面というのはかなり限られてくる。

場合によっては、営業的な仕事をやりたくがないために、そういった事務方に回る人もいるかもしれないが、どちらにせよ、人事アセスメントの場面になると説得の弱さということが露呈することがある。

それでは面接等のある意味説得が必要な場面ではどのようなものがあるだろうか。

一つには、アイコンタクトを取るということが挙げられる。目は口ほどに物を言うということだ。

視線を合わせることによって、

・視線を合わせることによって、こちらの気持ちを相手に伝えることができ、相手に興味を持たせることができる

・視線を合わせることによって、自身の相手に対する好意を相手に伝えることができる。

・視線を合わせることによって、相手の話に興味があることを伝えることができたり、相手へこちらの熱意を伝えることができる。

こういった効果があるため、アイコンタクトが重要視されるのだ。

関連記事

no image

リーダーシップの科学

リーダーシップは色々なところで論じられている。 例えば、今はサーバントリーダーシップだとか、云

記事を読む

no image

注文住宅の業界

注文住宅の業界は2013年現在では活況である。 大きな要因としては消費税の増税するまでの駆け込

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(3)

Dr. Simoneitの仕事は、アセスメントとして知られるようになる基礎をドイツ軍において構築する

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(4)

アセスメント・センターメソッドは、その歴史の中で独自の用語を産み出し、定義付けてきた。 アセスメン

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント・センターは採用試験として色々

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を示しているのかもしれない。

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(1)

アセスメント・センターは新入社員採用時、管理職の選抜、従業員教育に活用される。 このような様々

記事を読む

no image

アセッサーとは?(2)

もしあなたがより上位の役割に配置される予定があるのであれば、幅広い観点で候補者を評価出来るであろうと

記事を読む

no image

ルノアールがフランチャイズ

ルノアールがミヤマ珈琲を出店し、フランチャイズ展開を考えているということ。 そもそも、単純に珈

記事を読む

no image

人事アセスメント

人事アセスメントとは人事で活用される被評価者の能力を把握する手法の総称である。 ここら辺は、所

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みと

no image
選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を

no image
効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に

no image
アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント

no image
アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑