選択肢は多い方がよいか(1)

公開日: : 最終更新日:2014/01/07 ビジネス

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を示しているのかもしれない。

消費の最先端であるアメリカでは、多くの選択肢にあふれている。

その理由としては需要に対して供給が過剰だと言うことであるということだろう。その基礎としてはやはり消費者は全てを自分で決めたいという欲求があるという考えがベースにあるのだろう。

たとえば、バーガーキングでは自分で好きなようにトッピングを組み合わせてハンバーガーを自分好みにカスタマイズすることができる。

似たような状況は日本でもみることができる。

日本型のファーストフードである牛丼やラーメン店では、トッピングや追加のメニューを組み合わせることによって沢山のバリエーションを持たせることが可能となっている。

通常トッピングは粗利率が高く設定されており、ベースとなる牛丼やラーメンはある意味客引きの商品となる。例えば、生卵はスーパーでは6個100円程度で買うことができるので一つ16円程度であるが、ある牛丼チェーンでは50円である。仕入れ値は当然16円を下回るであろう。これは極めて合理的である。

お客は自分の好きなように牛丼やラーメンを組み立てる方ができ、お店側としては客単価(粗利率)を上げることが可能となる。

 

関連記事

no image

アセスメント・センターとは何か(4)

アセスメント・センターメソッドは、その歴史の中で独自の用語を産み出し、定義付けてきた。 アセスメン

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(2)

アセスメント・センターがどのようにそしてなぜ開発されたのかという歴史を紐解くことは、最初のユーザーが

記事を読む

no image

ケンタッキーの唐揚げ店

ケンタッキーが唐揚げテイクアウト・イートインに対応した店舗を出店している。 成功の鍵は、他食品

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(1)

アセスメント・センターは次のように定義することができる。 ”適性とパフォーマンスを評価する方法。参

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント・センターは採用試験として色々

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みとしてトッピングやサイドメニュー

記事を読む

no image

効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に居る人であれば重々お分かりのこ

記事を読む

no image

注文住宅の業界

注文住宅の業界は2013年現在では活況である。 大きな要因としては消費税の増税するまでの駆け込

記事を読む

no image

人事アセスメント

人事アセスメントとは人事で活用される被評価者の能力を把握する手法の総称である。 ここら辺は、所

記事を読む

no image

アセッサーとは?(3)

アセスメントの前に残された時間は準備期間で何ができるかに影響してくる。 最低限、役割を上手く遂

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みと

no image
選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を

no image
効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に

no image
アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント

no image
アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑