リーダーシップの科学

公開日: : 最終更新日:2013/12/31 ビジネス

リーダーシップは色々なところで論じられている。

例えば、今はサーバントリーダーシップだとか、云々。

人の問題であるからして、なかなか類型化することが難しいというのが実際のところだろう。

学者の理論よりも実際の実務者の書いた本の方が具体的でより受け入れられ易いのかもしれない。

ただ、社会心理学者の三隅二不二(みすみじふじ)のPM理論くらいは頭に入れて置いたほうがよいかもしれない。

かれは、リーダーシップをマトリクスで4つの象限に分けて論じている。横軸は目標達成機能(低いp、高いP)、縦軸は集団維持機能(低いm、高いM)としてる。

目標達成機能とは具体的に、目標を立て、計画を立て、メンバーに指示を与える機能であり、集団維持機能とは、メンバーに配慮し、集団を友好的にまとめ、まとまりを維持・強化することを指している。

リーダーシップとは、PM、M(p)、P(m)、pmの順番で効果があるとされている。

つまり、まとまりがあって成果が挙げられるリーダーが一番良いということだ。

当たり前だ、そんなこと、と言いたくなる結果だろう。

この理論で注目すべきは、メンバーの状態を見ながら自分のリーダーシップの形を変えようという点だ。

PM型が一番理想的だけど、やる気がない人達が部下の場合は、pm型でも良いということである。

リーダーを目指す人は、こういったことを頭に入れておいた方がよいだろう。

関連記事

no image

アセッサーとは?(2)

もしあなたがより上位の役割に配置される予定があるのであれば、幅広い観点で候補者を評価出来るであろうと

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(1)

アセスメント・センターは新入社員採用時、管理職の選抜、従業員教育に活用される。 このような様々

記事を読む

no image

インバスケットの実務との相関

インバスケットがいくら実際の管理職の仕事をシュミレーションするように作られていると言われているとは言

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(2)

アセスメント・センターがどのようにそしてなぜ開発されたのかという歴史を紐解くことは、最初のユーザーが

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント・センターの候補者は歳、学術的

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(4)

アセスメント・センターメソッドは、その歴史の中で独自の用語を産み出し、定義付けてきた。 アセスメン

記事を読む

no image

マクドナルドのメニュー表が復活

非難轟々を受けたマクドナルドのメニュー表撤廃。 筆者の近くの店舗でもメニュー表がカウンターに置いて

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みとしてトッピングやサイドメニュー

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(3)

当たり前のことだが、求職者たちの競争はとても厳しいものとなる。 世界中の様々な地域から何十もの

記事を読む

no image

効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に居る人であれば重々お分かりのこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みと

no image
選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を

no image
効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に

no image
アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント

no image
アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑