注文住宅の業界

公開日: : 最終更新日:2013/12/25 ビジネス

注文住宅の業界は2013年現在では活況である。

大きな要因としては消費税の増税するまでの駆け込み需要だろう。

来年の四月から消費税が5%から8%へ増税することで、価格の高いものに関しては、負担がかなり大きくなる。

例えば、2500万円で注文住宅を建てようとすれば、消費税125万円のところが200万円になり、差し引き75万円余計にかかることになる。

75万円ともなれば、生活費の2カ月分ともなる。

そういったこともあり、駆け込み需要が増え、業界的に活況になる。

しかし、消費税増税後はどうなるか。

住宅ローン減税の拡充は行われ、贈与税についても無税分がかなり大きくなっているが、新築着工件数はかなり減少するだろう。

これに加えてこの業界の流れを考えておく必要がある。

一つは低価格化と汎用品化である。

低価格化で言うとたまホームが有名である。

ただ、実際それだけではなく、汎用品としてプラン化している。

ゼロベースでつくるのではなく、ある程度のプランが決まっていれば、部材も一括購入することができる。

注文住宅とはいえ、こういった仕組みであれば、消費者としても目で見えやすく意思決定しやすい。

ただ、坪単価ばかりに目を奪われていると、それ以外の費用、例えば解体費用だったり基礎工事だったりそういった費用が追加でかかってしまう。

その点は消費者としては気を付ける必要がある。

 

関連記事

no image

インバスケットの実務との相関

インバスケットがいくら実際の管理職の仕事をシュミレーションするように作られていると言われているとは言

記事を読む

no image

リーダーシップの科学

リーダーシップは色々なところで論じられている。 例えば、今はサーバントリーダーシップだとか、云

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を示しているのかもしれない。

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(3)

当たり前のことだが、求職者たちの競争はとても厳しいものとなる。 世界中の様々な地域から何十もの

記事を読む

no image

特注品から汎用品へ

BtoBでもBtoCでも、商品の一定の傾向として特注品から汎用品へのシフトがみられる。 身近で

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(1)

アセスメント・センターは次のように定義することができる。 ”適性とパフォーマンスを評価する方法。参

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みとしてトッピングやサイドメニュー

記事を読む

no image

アセッサーとは?(2)

もしあなたがより上位の役割に配置される予定があるのであれば、幅広い観点で候補者を評価出来るであろうと

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(1)

アセスメント・センターは新入社員採用時、管理職の選抜、従業員教育に活用される。 このような様々

記事を読む

no image

アセッサーとは?(1)

「アセスメントセンター・メソッドへの準備」において、Tina Lewis Roweはアセッサーの素晴

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みと

no image
選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を

no image
効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に

no image
アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント

no image
アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑