アセスメント・センターの種類とは(3)

公開日: : 最終更新日:2014/01/03 ビジネス

当たり前のことだが、求職者たちの競争はとても厳しいものとなる。

世界中の様々な地域から何十もの候補者が挑戦してくるのだ。

このような組織が最大限の採用活動を行うことは、世界経済が好景気の時であれば尚更のことである。

経済が不景気の時であれば、これらのエリート組織は採用活動を劇的に縮小させる。

何故ならばそれらの組織の殆どが投資、合併、買収を通じて経済的に成功している組織に依存しているからである。

エリート新入社員採用時アセスメント・センターを典型的なものとしている一つの事柄はこのプログラムを受けるにあたっては非常に似たような候補者が沢山いるということだ。

この特徴は繰り返しずっと続いており、他の3つのアセスメント・センターとの違いとなっている。

似たような候補者がCVsや面接から構成される最初の選抜試験を通過してアセスメント・センター候補者となった段階で、どこでも見つけることができるような、とても同質的なグループとなっている。

  • 彼らは21歳から25歳である(多くは21歳から22歳である)
  • 彼らは同じような学位や学問的な業績を持ってい
  • 彼らは一握りの大学を卒業している
  • 彼らは印象的な個人の業績のリストを持っている

アセスメント・センターの種類とは(4)へ続く

関連記事

no image

リーダーシップの科学

リーダーシップは色々なところで論じられている。 例えば、今はサーバントリーダーシップだとか、云

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(4)

アセスメント・センターメソッドは、その歴史の中で独自の用語を産み出し、定義付けてきた。 アセスメン

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント・センターの候補者は歳、学術的

記事を読む

no image

特注品から汎用品へ

BtoBでもBtoCでも、商品の一定の傾向として特注品から汎用品へのシフトがみられる。 身近で

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(2)

エリート新入社員採用時アセスメント・センター この種類のアセスメント・センターは、もっぱら一流

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(1)

アセスメント・センターは次のように定義することができる。 ”適性とパフォーマンスを評価する方法。参

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を示しているのかもしれない。

記事を読む

no image

インバスケットの実務との相関

インバスケットがいくら実際の管理職の仕事をシュミレーションするように作られていると言われているとは言

記事を読む

no image

ルノアールがフランチャイズ

ルノアールがミヤマ珈琲を出店し、フランチャイズ展開を考えているということ。 そもそも、単純に珈

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(3)

Dr. Simoneitの仕事は、アセスメントとして知られるようになる基礎をドイツ軍において構築する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みと

no image
選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を

no image
効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に

no image
アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント

no image
アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑