アセスメント・センターの種類とは(2)

公開日: : 最終更新日:2014/01/02 ビジネス

エリート新入社員採用時アセスメント・センター

この種類のアセスメント・センターは、もっぱら一流の経営コンサルタント企業やフォーチュン100の企業やそうそうたる政府機関によって活用されている。

これらの組織に共通していることは、彼らの短距離型のプログラムはあなたの人生を劇的に変えるだろういうことである。

初任給はとても魅力的で社員研修のプログラムと与えられる仕事でのチャンスは間違いなくワールドクラスである。

簡単に言うと、これらの企業の採用を通過したら、お金やキャリアの心配はあなたが望まれる職務を果たす限りは過去のものとなる。

どの組織がエリートかどうかはそれぞれの大学で共通して取り決められている訳ではないが、一般的には幾つかの項目でそれと分かるようになっている。

その企業の入社試験を通過することが如何に難しいのかということをもってして、その企業で働く人がどれくらい最高の人であるかというということを知らしめんとするマーケティング活動なのである。

付け加えると、

  • その企業は超有名大学からしか採用しない
  • その企業は必要最低限の事項として学問的にとても高度な実績を要求する
  • その企業は高いレベルの報酬を隠さない
  • その企業は成功している従業員からの滅私奉公を期待している

アセスメント・センターの種類とは(3)へ続く

関連記事

no image

効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に居る人であれば重々お分かりのこ

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を示しているのかもしれない。

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(3)

Dr. Simoneitの仕事は、アセスメントとして知られるようになる基礎をドイツ軍において構築する

記事を読む

no image

インバスケットの実務との相関

インバスケットがいくら実際の管理職の仕事をシュミレーションするように作られていると言われているとは言

記事を読む

no image

特注品から汎用品へ

BtoBでもBtoCでも、商品の一定の傾向として特注品から汎用品へのシフトがみられる。 身近で

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(2)

アセスメント・センターがどのようにそしてなぜ開発されたのかという歴史を紐解くことは、最初のユーザーが

記事を読む

no image

ルノアールがフランチャイズ

ルノアールがミヤマ珈琲を出店し、フランチャイズ展開を考えているということ。 そもそも、単純に珈

記事を読む

no image

注文住宅の業界

注文住宅の業界は2013年現在では活況である。 大きな要因としては消費税の増税するまでの駆け込

記事を読む

no image

ケンタッキーの唐揚げ店

ケンタッキーが唐揚げテイクアウト・イートインに対応した店舗を出店している。 成功の鍵は、他食品

記事を読む

no image

アセッサーとは?(3)

アセスメントの前に残された時間は準備期間で何ができるかに影響してくる。 最低限、役割を上手く遂

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みと

no image
選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を

no image
効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に

no image
アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント

no image
アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑