アセスメント・センターとは何か(2)

公開日: : 最終更新日:2013/12/12 ビジネス

アセスメント・センターがどのようにそしてなぜ開発されたのかという歴史を紐解くことは、最初のユーザーが何を成し遂げようとしていたのか、アセスメント・センターがどのように洗練されていったかを評価することを手助けします。

この知識は、あなたがエクササイズにおいて、知識、技術と態度だけでなく必要とされる能力を表出させるように、自分自身で準備するのを助ける。このようにして、あなたは得点を最大にすることができる。

必要とされる任務をこなす能力に基づいて人々を選ぶことは、軍や諜報人員の選択において、長い間をかけて確立されてきた。

これについては歴史を通じていくつかの例があるが、世界大戦の間にドイツ陸軍が現代のアセスメント・プロセスの前身を開発したと言える。

W.J.モーガン博士による「スパイと破壊活動」(1955, London Victor Gollancz Ltd.)では、ドイツの心理学者Dr. Simoneitが将校がいろいろな任務とエクササイズを行うのを観察している。
将校は、彼らがどれくらい高いパフォーマンスを見せるかについて評価され、それに応じて昇進の為に選別された。

将校は、成功するために以下についての質を示す必要があった:

リーダーシップ
異なる状況への適応性
問題の解決を見つける能力
チーム・メンバーとして働く能力

アセスメント・センターとは何か(3)へ続く

関連記事

no image

選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みとしてトッピングやサイドメニュー

記事を読む

no image

人事アセスメント

人事アセスメントとは人事で活用される被評価者の能力を把握する手法の総称である。 ここら辺は、所

記事を読む

no image

ケンタッキーの唐揚げ店

ケンタッキーが唐揚げテイクアウト・イートインに対応した店舗を出店している。 成功の鍵は、他食品

記事を読む

no image

アセッサーとは?(2)

もしあなたがより上位の役割に配置される予定があるのであれば、幅広い観点で候補者を評価出来るであろうと

記事を読む

no image

アセスメント・センターとは何か(3)

Dr. Simoneitの仕事は、アセスメントとして知られるようになる基礎をドイツ軍において構築する

記事を読む

no image

選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を示しているのかもしれない。

記事を読む

no image

特注品から汎用品へ

BtoBでもBtoCでも、商品の一定の傾向として特注品から汎用品へのシフトがみられる。 身近で

記事を読む

no image

アセッサーとは?(1)

「アセスメントセンター・メソッドへの準備」において、Tina Lewis Roweはアセッサーの素晴

記事を読む

no image

アセスメント・センターの種類とは(1)

アセスメント・センターは新入社員採用時、管理職の選抜、従業員教育に活用される。 このような様々

記事を読む

no image

ルノアールがフランチャイズ

ルノアールがミヤマ珈琲を出店し、フランチャイズ展開を考えているということ。 そもそも、単純に珈

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
選択肢は多い方がよいか(2)

(1)で述べたように、多くの店でお客の多様な要望を吸収する為の仕組みと

no image
選択肢は多い方がよいか(1)

選択肢が多い方がよいというのは、自分で全てを決めたいとう飽くなき欲求を

no image
効率的に説得するには

他人を説得する、ということは非常に難しいということは、ビジネスの現場に

no image
アセスメント・センターの種類とは(5)

中間管理職向けアセスメント・センター 中間管理職向けアセスメント

no image
アセスメント・センターの種類とは(4)

新入社員採用時アセスメント・センター 新入社員採用時アセスメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑